肝臓機能が低下する原因はお酒だけではない

肝臓機能が低下する原因はお酒だけではない

肝臓

肝臓機能は低下すると体に悪影響が起こります。でもその影響はあまり自覚症状も感じないので、肝臓機能が低下していることを見逃しがちです。

 

でも、肝臓機能が低下してしまうと、恐ろしい病につながります。ですから、まずは肝臓機能が低下している時の症状を知りましょう。

 

肝臓機能が低下しているときの症状の1つとして、手の色が黄色くなるというものがあります。
まるで、ミカンを食べすぎてしまったかのような手の色になるのです。
手の平を見て、黄色いなと感じたら、肝臓機能がおかしいと疑いましょう。

 

そして、原因不明の微熱が続いたりすることもあります。
肝炎を起こすと発熱をします。ですから、風邪をひいたりしてしまうと
そのまま肝炎を起こす引き金となりますので、
風邪をひいた時の発熱は微熱だと思って甘くみてはいけません。
肝臓機能が低下した時の風邪は要注意なのです。

 

肝臓は沈黙の臓器と言われています。
ですからそれまで病をかかえながらも頑張って働いてくれた肝臓が、
一気に肝硬変などを引き起こした時は限界の時です。
それだけに、長い間、肝機能を悪化させたままでいる事は、絶対ダメなのです。

 

その肝臓機能が低下した時の回復方法としては、
一番良いのが、ストレスをためないことです。
休日はゆっくりと休んで体力をつけることが一番大事なのです。

 

お酒を飲みすぎた人だけが、
肝機能が低下するわけではないことを忘れないで下さい。

 

肝臓というとお酒と結びつける人が多いのですが、
肝臓はそれだけじゃない奥が深い臓器です。

 

特に子育て中でストレスを抱えている人などは
肝臓機能が低下する危険性があるのです。夜しっかりと睡眠がとれない人、
イライラがずっと続いている人は、その生活を少し楽にしてあげることを考えましょう。

 

たまにはリフレッシュして自分を休ませてあげましょう。
せっかく子育てを頑張っても、肝臓を悪くしてしまったら、家族が悲しみます。

 

母親は健康であることが一番大事なのです。
肝臓は、とても大切な臓器なので、回復をさせることを考えてゆっくりと過ごしましょう。

肝機能の改善にはレバリズム-L

 

レバリズムの説明


 ⇒レバリズム-Lの公式サイトはこちら