オルニチンで肝機能を改善

オルニチンで肝機能を改善

なんだか疲れやすいなぁ…と感じてしませんか?
その疲れを忙しさのせいにはしていませんか?
実はその疲れやすさは肝臓からのSOS信号かもしれませんよ?

 

もしも、なんだか疲れやすいなぁ…と感じたら肝機能の低下を疑いましょう。

肝臓に負担がかかると疲れやすくなる?

不規則な生活や乱れた食生活、運動不足というのが重なると
肝臓はダメージを受けてしまい、機能の低下につながっていきます。

 

そして肝機能が低下すると、
本来代謝されるはずの脂肪やタンパク質が肝臓に溜まってしまったり、
あるいは排出されるはずの毒素が滞留してしまうことがあり、これが原因不明の疲れになっているのです。

肝臓をサポートするオルニチン

しじみ

そんな肝臓の疲れをサポートしてくれるのが、シジミに多く含まれているという「オルニチン」です。

 

オルニチンには肝臓で行われるアンモニアの解毒作用に大きく関わっていると言われています。アンモニアは毒素であり、肝臓に溜まると機能低下につながります。

 

これを防いでさらに肝機能改善効果が期待できる、というのがオルニチンなのです。

 

⇒オルニチン配合のおすすめサプリメント
オルニチンとは?

オルニチンとは、アミノ酸の一種です。
元々体内に存在しており、肝臓において重要な役割を担っています。
特に肝臓が行っているオルニチンサイクルにおいて、オルニチンはどんどん消費されます。
そのため、特にアルコールをよく摂取する人や脂っこい食べ物が好きな人はオルニチンが不足しやすいのです。

オルニチンサイクルとは?

オルニチンサイクルは、別名で尿素回路と呼ばれています。つまり、アンモニアの解毒作用のことです。
オルニチンサイクルが正常に行われることによって、体内のアルコールはどんどん代謝されます。
その結果、エネルギーを生成するなど肝臓が持つ他の働きがスムーズに行われやすくなるのです。

 

しかし、アルコールの過剰摂取やカロリーの高い食事ばかりが続くと、
オルニチンサイクルでどんどんオルニチンが消費され、やがて不足してしまうことになります。

 

そうするとオルニチンサイクルがスムーズに行われなくなるため、
アルコールを解毒しきれず二日酔いになりやすくなったり、肝機能の低下などに繋がってしまいます。

 

日頃からオルニチンを補って、肝臓の働きをサポートしよう

牡蠣

毎日忙しなく働いている肝臓を労るためにも、積極的にオルニチンを摂取することは非常に大切です。

 

オルニチンはシジミや牡蠣などに多く含まれています。シジミや牡蠣は他にもタウリンや亜鉛など、肝臓に良い影響を与える栄養素を含んでいるので、肝機能改善には非常に良い食べ物です。

 

でもオルニチンを摂取するために、毎日シジミと牡蠣を食べるのは大変ですよね。特に牡蠣は食中毒などもあるため、そう簡単に毎日食べられるものではありません。

 

そこで、おすすめなのがサプリメントです。

 

最近はオルニチンたっぷりのサプリメントもたくさん販売されています。
さらに+αで肝臓に良い効果をもたらすという成分が一緒に入ったタイプもあります。

 

サプリメントなら食中毒などの心配もなく、毎日同じものを食べる必要もなく、
継続的に必要なオルニチンを摂取していくことが出来るでしょう。

 

肝臓は沈黙の臓器。知らないうちにどんどん疲れをためてしまいます。
肝機能を低下させないためにも、そして今低下しているなら、
それを改善するためにも、ぜひ積極的にオルニチンを摂取していきましょう。

肝機能の改善にはレバリズム-L

 

レバリズムの説明


 ⇒レバリズム-Lの公式サイトはこちら