アルコールの飲み過ぎは肝臓を悪くする

アルコールの飲み過ぎは肝臓を悪くする

お酒を飲み過ぎると肝臓が悪くなるというのは有名な話ですね。
でも、なんでお酒を飲み過ぎたら肝臓が悪くなるのか、
という理由まで知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

なぜお酒が肝臓に悪いのか。その理由をご説明しましょう。

アルコール

ビール

第一にアルコールというものが原因となります。普段何気なくアルコールを摂取していますが、摂取しすぎれば有害なものになります。

 

アルコールは肝臓で分解されるとアセトアルデヒドという物質になりますが、これが酔ったときの頭痛や吐き気などを呼ぶ物質なのです。これを無毒化してくれるのが、肝臓というわけですね。

 

ちなみによく空きっ腹にアルコールを入れる人がいますが、これは完全にNGです。空きっ腹にアルコールを入れると、いつもの1.5〜2倍の早さでアルコールが体内に吸収され、血中アルコール濃度が急激に上昇します。

 

二日酔いになりやすくなったり悪酔いしやすくなってしまうのです。
血中のアルコール濃度が急激に高くなるため、
それを分解しようと肝臓はいつもよりたくさん働くことになってしまいます。

 

お酒を呑むときは必ず何かを食べてから、
というのを心がけないと思わぬところで肝臓がダメージを受けてしまいますよ。

γ-GTP

肝臓の中でアルコールの無毒化に関係しているのがこのγ-GTPという酵素です。
γ-GTPは肝臓や胆管にある細胞が壊れてしまった場合、血液中に流れ出ていきます。

 

この酵素自体が別に悪さをするわけではありません。
しかし、数値が高い場合は肝臓がある状態になっている可能性があります。
それが「脂肪肝」です。

 

アルコール性脂肪肝という状態になっているか否かの状態を見るのがγ-GTPなのです。
この数値が高くなっている場合には、お酒を飲みすぎて肝臓が疲弊し、
脂肪肝になってしまっている場合があります。

 

特にγ-GTPが100を超えたら必ず病院で精密検査を受けましょう。

 

⇒肝臓が気になる方におすすめ「レバリズム-L」

 

アルコールの依存性が恐怖

ビールを飲む男性

一番の恐怖、それはアルコールに依存性があるということです。アルコールは分解されるとアセトアルデヒドという毒性のある物質を生み出します。これはきちんと解毒すればなんら問題ありませんし、アルコールの量についてきちんと適量がわかっていれば心配することはありません。

 

むしろ酒は百薬の長なんて呼ばれていて、適量を呑むのは人体にとってもいいとも言われているのです。

 

しかし、アルコールには依存性があるという恐ろしい側面がありますので、アルコールに依存して飲み過ぎる日々をずっと続けていくと脂肪肝となり、さらにそれに気づかず飲み続ければアルコール性肝炎などになる可能性があります。

 

一旦病院で検査してその病気が判明し、禁酒・断酒ができたとしても、
アルコールの依存性が原因でまた元通りになってしまうこともよくある話です。

 

お酒を飲み過ぎることによって肝臓は疲れてしまい、
どんどんダメージを受けてしまいその機能を低下させてしまいます。
機能が低下した状態のところに、
さらにアルコールでダメージを与えてしまえばさらに肝臓は疲弊していきます。

 

あなたはアルコールに依存してはいませんか?きちんと適量をわきまえていますか?

 

「自分は酒に強いから」「少しくらいなら飲み過ぎても…」なんて気持ちでいると、
いつの間にか肝臓が傷つき、手遅れの状態になっているかもしれませんよ?

肝機能の改善にはレバリズム-L

 

レバリズムの説明


 ⇒レバリズム-Lの公式サイトはこちら