肝臓の病気はどんなものがあるか

肝臓の病気はどんなものがあるか

肝臓には命をおびやかすような重大な病気がたくさんあります。
しかし、沈黙の臓器である肝臓は、その病気の症状が末期になるまで
自覚症状がほとんど出ないということもよくある話です。

 

では、どのような病気があるのでしょうか。実際に例を挙げてみましょう。

脂肪肝

日本人の3人の1人の割合でなっているといわれているのが脂肪肝です。
国民病でもあるともいわれています。

 

私達が食事で摂取した脂肪は、小腸で分解されたあと肝臓に送られていきます。
その後、肝臓で分解されていくのですが、肝臓に過剰な脂肪が送られてしまうと、
脂肪は分解しきれないまま肝臓に蓄積されてしまうのです。
その結果、脂肪肝になるわけですね。

 

脂肪肝になっている状態というのはほとんど自覚症状がなく、非常に発見が難しいのです。
しかし、重大な病気の入口になるのが、この脂肪肝なので早期発見がとても重要になります。

 

主な原因は肥満と思われがちですが、
実はアルコールの過剰摂取によっても起こる可能性が高い病気です。

 

アルコールが原因で脂肪肝になっている場合は、
アルコールの摂取を控えることで改善させていきます。

 

食事が原因の場合は、カロリーの低い食事にしたり、
適度な運動を生活に取り入れることで改善していくことになります。

 

⇒脂肪肝の改善のためにおすすめ

肝炎

肝機能障害になると発症しやすいと言われているのが、この肝炎です。
アルコールなど、様々な原因によって肝細胞が破壊されて炎症が起きる肝臓の病気です。
アルコールの他にウィルスや薬物が原因となることもあります。

 

アルコール性肝炎

アルコール性肝炎はその名の通り、アルコールの過剰摂取が原因で起こるものです。
アルコールの摂取しすぎで脂肪肝になり、そのまま肝炎になってしまうのです。
初期段階であれば、アルコールの摂取を断つことで改善していくことが出来ると言われています。

 

次に、非アルコール性肝炎(NASH)は、アルコール以外の原因で起こる肝炎です。
主な原因としてあげられるのが、無理なダイエット。

 

食事を抜いたり、肉類を食べないなど無理なダイエットを続けて減量したりリバウンドしたり…
ということを繰り返していると、どんどん肝臓は負担を追っていきます。
その結果、肝臓が脂肪肝になり、知らないうちに肝炎に繋がってしまうことがあるのです。

 

特に無理なダイエットをしやすい女性に多いと言われている病気なので、気を付けましょう。

 

ウイルス性肝炎

ウィルスによって起こる肝炎には、A型、B型、C型があります。

 

A型は衛生面が良くなっている現代の日本ではほとんど感染することがないものですが、
衛生面に問題のある国に旅行した時に、感染する可能性が高いと言われています。
このような国に旅行するときは、飲水や食べ物に十分気を付けましょう。

 

B型とC型は血液感染であり、
長期間(6ヶ月以上)にわたって肝機能障害の状態が続くといわれています。
近年では輸血の際の衛生面なども強化されているため、
医療機関で感染することはほとんどないとされています。

 

肝炎の主な症状は吐き気や黄疸、倦怠感などです。
わかりにくい症状であるため、おかしいと感じたらすぐに医療機関で診てもらうことをオススメします。

肝硬変

肝臓の病気の中でも恐ろしい病気が肝硬変です。
脂肪肝の状態を放置してしまうとこの状態になります。

 

本来肝臓はとても柔らかいものです。
レバニラなどに入っているレバーを見たことがありますか?あのような状態です。

 

しかし、肝臓がダメージを負い過ぎると細胞はどんどん縮小し、硬くなってしまいます。
そして、そうなった細胞は正常に働くことが出来なくなるため、
肝硬変が進行するごとに少しずつ肝臓の機能は失われてしまう事になるのです。

 

肝硬変は、脂肪肝や肝炎にかかった肝臓を放置した場合の成れの果てです。
アルコールの過剰摂取や肥満などで脂肪肝になったまま放置し、
肝炎になっても気付かないまま放置しておくと、肝硬変となって肝細胞が働かなくなっていくのです。

 

発症すると腹水やむくみ、黄疸、疲労、食欲低下、発熱などの症状がでてきますが、
これらを肝硬変の症状であると考える人は少なく、見逃してしまう傾向があります。
自覚症状が少ないのに、命をおびやかす危険性がある病気なので定期的な検診が必要です。

肝臓がん

肝臓がんには大きくわけて2つのタイプがあります。
肝細胞にできる「肝細胞がん」と胆管にできる「胆管細胞がん」です。

 

どちらも自覚症状がないために、他のがんに比べて発見するのが遅くなりやすく、
治療するのが難しいといわれています。
症状に気がついた時は末期となって手遅れになってしまっている可能性が高いのです。
またアジア人やアフリカ人に多く発症する病気ともいわれています。

 

肝臓がんは肝硬変など、元々肝臓が疾患を抱えていることが原因で起こることもあれば、
他のがんが転移して起こることもあります。

 

特に肝硬変や肝炎などを放置してしまった結果、肝臓がんになる人は少なくないようです。
定期的に肝臓の検査を受け、少しでも早い段階で肝臓の疾患を発見出来るようにしましょう。

 

 

以上が、肝臓の主な病気となります。
これらの病気はとにかく早期に発見することが大切です。
定期的に肝機能検査を受けて、早期発見・早期治療ができるように心がけましょう。

肝機能の改善にはレバリズム-L

 

レバリズムの説明


 ⇒レバリズム-Lの公式サイトはこちら