肝臓の痛みの原因として考えられるもの

肝臓の痛みの原因として考えられるもの

肝臓は横隔膜のすぐ下、胃のとなりにある臓器です。
腹部の右上部分はほとんどが肝臓です。

 

この周辺が痛くなったとき、「肝臓病かな?」と心配をする方が多いようです。
でも、その痛みの原因って本当に肝臓なのでしょうか?

肝臓に痛みはない?

肝臓は沈黙の臓器といわれています。
その所以は「痛みを感じる神経がないから」なのです。
痛みを感じる神経がないから、自覚症状もなく発見が遅れやすいのですね。

 

つまり、肝臓自体に痛みを感じることというのはほとんどないのです。
ですので、もしも腹部の右上部に痛みがあった場合は、その周囲にある臓器の異常が疑われます。

 

胆のうや胃といった場所は隣接している臓器であるため、
肝臓の痛みだと勘違いしやすいのです。

肝臓以外の臓器に異常がないときは…

そのときは、肝臓が深刻な状態にあるということが疑われます。
肝硬変や肝臓がんになっていると、痛みが走ることがあります。

 

例えば、肝臓がんになっている場合、肝臓の表面にあったがん細胞が
破裂したりすると痛みが走ることがあると言われています。
特にその場合、肝臓付近ではなく右の背中が痛いということがあるようです。

 

何はともあれ、いつもとは違う異常が発見されたら
できるだけ早くに病院で検査を受けるのがいいでしょう。

 

肝臓は「沈黙」、何か異常が起きていても知らせてくれません。
特にがんなどの場合は転移している可能性もありますから、
少しでもおかしいと思ったら迷わず、すぐに病院へ行きましょう!

 

基本的に肝臓は痛みを感じない臓器…だからこそ、恐ろしいのです。
普段痛みを伴わない場所が痛むということは、それだけ深刻な事態になっているということです。
痛みが長引いたり気になる場合は、早めに医師の診断を受けるようにしましょう。

 

<参考>このツボを押して痛みを感じたら肝臓が弱っているかも!?

足の親指と人差し指の真ん中あたり…ちょうど、2つの骨がくっついている場所ですね。そこは太衝(たいしょう)と呼ばれるツボです。このツボ、肝臓が弱っているときに押すと痛みを感じると言われています。肝臓が心配な人は、試しに押してみると良いでしょう。

 

また、膝の裏側にある曲泉(きょくせん)と呼ばれるツボも、肝臓が弱っているときに押すと痛みを感じると言われています。場所は膝を曲げた時に出来るシワの先端あたりです。ココもゆっくりと押して痛みを感じるかどうか調べてみましょう。

 

これらのツボは肝臓と関わりのあるツボなので、日頃からマッサージしてあげることで、肝臓に良い影響を与えることもできます。テレビを見ながら、音楽を聞きながら…など、ながら作業でもOKです。時間のある時に親指でゆっくり押して、刺激してあげましょう。

肝機能の改善にはレバリズム-L

 

レバリズムの説明


 ⇒レバリズム-Lの公式サイトはこちら