肝臓を回復させるための食べ物は

肝臓を回復させるための食べ物は

あなたの生活、肝臓を疲れさせているかもしれません。
特に現代は飽食の時代。どこでも簡単に食べ物が手に入る…
でも、その食べ物が肝臓を疲れさせて弱らせているかもしれません。

 

肝臓は私たちが生きるために重要な役割を持った臓器です。
疲弊すればその機能も低下し、やがて命を脅かすような病気を発症してしまうかもしれません。
そうならないためにも肝臓に良い食べ物というのを知っておきましょう。

タウリンが含まれている食べ物を食べよう

貝類

タウリンは肝臓に最もいいと言われる成分です。肝臓からはコレステロールを排出するための「胆汁酸」というものが分泌されているのですが、タウリンを摂取するとこの分泌が増えるのです。

 

また肝臓内ではたらく酵素を助ける役割も持っています。そのため、肝臓に入ってきたアルコールの分解や解毒も早くなりますし、脂肪の排出効果も高くなるのです。

 

タウリンが含まれている食べ物は、主に魚介類です。
特に牡蠣やシジミなどの貝類の他、タコやイカに多く含まれていますから、
これらを意識して摂取するようにするといいでしょう。

オルニチンが含まれる食品も大切

タウリンと同じくらい大切なのが、オルニチンです。
肝臓で行われている解毒作用はオルニチンサイクルと呼ばれており、
アンモニアを解毒するためにどんどんオルニチンが消費されていきます。

しじみ

 

当然、オルニチンが不足するとこの働きが正常に行われなくなるため、体内にある有害物質の解毒が難しくなってしまいます。その結果、有害物質が肝臓に悪影響をもたらしてしまい、肝機能低下に繋がるのです。

 

そうなってしまうのを防ぐためにも、日頃から積極的にオルニチンを摂取していきましょう。オルニチンは牡蠣やシジミなど貝類に多く含まれています。

 

⇒肝機能改善のためのおすすめサプリメント

具体的にどんな食べ物が肝臓に良いの?

肝機能を改善するために効果を期待できる食べ物には、どんなものがあるでしょうか。
ここでは、具体的にどのような食べ物が肝臓に良い影響を与えるのかをご紹介していきます。

<シジミ>
タウリンを非常に多く含む他、肝機能をサポートするオルニチンやメチオニンを含みます。
その他にもビタミン類や鉄分、良質なタンパク質を含んでいるので健康促進に効果を期待できるでしょう。
<牡蠣>
オルニチンやタウリンを多く含んでいます。
また、肝臓の働きを活性化させる効果を期待できると言われているグリコーゲンも多く含みます。
その他、ミネラルや鉄分も多く、栄養価の高い食べ物です。
<アサリ>
シジミには劣りますが、タウリンを含む食べ物です。
利尿作用があるため、むくみを解消するのに効果を期待できます。
<鮎>
カルシウムを多く含み、内臓にビタミンDを多く含んでいます。
そのため、内臓ごと丸焼きにして食べると、肝硬変などに良い効果を期待できるようです。
<スッポン>
肝硬変に良い効果を期待できると言われている食べ物です。
ミネラルやビタミンなど、栄養素も多く含んでいます。
<ナマコ>
新陳代謝を高めることで肝臓の働きをサポートしてくれます。
<ドジョウ>
解毒作用と利尿作用を持つため、肝機能回復に良い影響をもたらしてくれます。
また、カルシウムや鉄分、ビタミンB2など栄養素も豊富です。
<レバー>
とにかく高いビタミンが含まれており、その量は野菜の数倍と言われています。
肝臓を強くする効果を期待できると言われており、最も良いのが鶏レバーとされています。

その他肝臓によい成分

タウリンやオルニチン以外に肝臓に良い成分として知られているのは、
やはり魚介類に多く含まれているオメガ3脂肪酸(EPAやDHA)です。
これらも毎日忙しい肝臓をサポートしてくれる成分です。

 

もしも毎日魚を食べるのが大変だということなら、
サプリメントなども販売されているのでそれを利用するようにしましょう。

肝臓病の人に「肝臓に良い食べ物」は禁物!?

牡蠣やシジミ、レバーなどは基本的に肝臓に良い影響を与えてくれる食べ物とされています。
しかし、実は既に肝臓病を抱えている人にとっては、
これらの食べ物が悪い影響を与えてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

基本的に肝臓に良いとされている食べ物には、鉄分が多く含まれています。
肝臓病を抱えている人の場合、肝臓に鉄分が過剰に蓄積してしまうのです。

 

鉄分は過剰に蓄積されすぎると、酸素を発生させやすくするため、
発生した酸素によって肝臓の細胞などが酸化しやすくなるのです。
その結果、肝機能をより低下させてしまう事態を招くことになります。
このため、肝臓病を抱えている人は肝臓に良い食べ物を控えるようにしましょう。

 

オルニチンやタウリンなど、肝臓に良い影響をもたらす栄養素だけを摂取するなら、
サプリメントがオススメです。サプリメントなら、鉄分を含まないものを選べば問題ありません。

 

⇒オルニチン・タウリン配合のおすすめサプリメント

 

上記のとおり、肝臓病の人は注意が必要ですが、
肝臓病を患っていないうちは、普段から意識して肝臓に良い成分を含んだ食べ物を
食べるようにすれば、肝臓の健康を保つことができるでしょう。

 

効率よく栄養素を補給したい場合は、
肝臓病にかかっていない人でもサプリメントを活用することをオススメします。
サプリメントで必要な栄養素を補っていれば、普段の食事にそこまで気を使わなくても良くなるでしょう。

肝機能の改善にはレバリズム-L

 

レバリズムの説明


 ⇒レバリズム-Lの公式サイトはこちら